日本のやるべき外交とは⁉

query_builder 2017/07/22
時事問題編

韓国が騒ぎ出しました。また慰安婦問題です。2015年の12月に時の朴槿恵大統 領政権下で、当時の国連事務総長の潘基文氏も評価する内容で「最終的に不可逆 的に」解決し、10億円の義援金が送られたにもかかわらずです。面白いことに当時か ら日本の世論の過半数は、結果的に韓国は慰安婦像の撤去は行わず、この条約を 反故にし、ゴールポストを動かすことを予測していました。

更に韓国政府は2017年4月末、慰安婦合意が被害者の個人請求権に影響を及 ぼさないという立場を書面で韓国裁判所に提出したようです。このような状況下で自 民党の二階氏が韓国を訪問し、同氏の従来のスタンスである日韓友好をベースとし た発言が曲解され、これを逆手に慰安婦合意を覆そうと韓国世論をたきつける韓国 マスコミ・・・。いつまで日本の政治家は学習しないのでしょうか。

朝鮮半島を起点に周辺国を見渡すと、金を持っていて、ちょっと脅すとすぐにお金 を届けてくれる、美味しい存在はどの国か。ロシアでもなく、中国でもなく、アメリカで もない。日本しかいないのです。

彼らにとって日本は脅せば金を払う存在、友好をちらつかせればすぐにホイホイ寄 ってくる単純なカモのような存在なのです。しかも周到に包囲網を構築し、我が国の マスコミ、政治家、官僚にも入り込み、国連はじめ世界各国に対してロビー活動を仕 掛け、カモである日本を貶め、自国の存続を図ることを意図した外交戦略を展開して います。見事な弱者の戦略です。


朝鮮半島は、歴史上長らく中国を支配する政権(異民族を含む)に支配されていま した。(次頁コラムご参照)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


≪朝鮮の歴史の真実!≫ 2013.9月 のコラム
一方日韓関係はそう簡単にはいかないことが予想されます。中国が4000年の歴史というと、朝鮮
の歴史は5000年などと臆面もなく対外に発表し、決して恥じることの無い状態です。
ところが真実は、過去600回以上周辺国に侵略された歴史を持ち、実質的に独立国であったこと
はほとんどありませんでした。私は世界史を研究しており、私の学んできたアジアの歴史における韓国・
朝鮮の周辺国との関係は…。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


朝鮮半島の政権は有史以来、その大半を自国より強い国に事大(弱者が強者の言 いなりにしたがう)してきました。面白いことに現状では南北共にアメリカに事大してい るのです。何故なら中国に事大しても、上下関係が明確で振り回され、民族のプライ ドが保てないからです。どのような策を弄しても共産党政権は朝鮮両国の意図を見抜 き、決して容赦をしません。中韓通貨スワップも延長されないようです。TAHHDの配 備に対して徹底したNOを突きつける中国の対応は見事です。

北朝鮮がアメリカに事大していると思えない人もいるでしょうが、私は朝鮮半島ウォ ッチャーとして金正恩や亡くなった金正日を見ていると、ミサイル発射や核実験の全 てがアメリカという脅威から必死に自国の存続を認めてもらい、援助(ここは日本が支 出させられます。)してもらおうとしている駄々っ子のように見えて仕方がありません。 強者のアメリカを頼り、目障りな日本を見下すことで自国の尊厳・プライドを保たざる を得ないのです。

日本の政治家は早急に朝鮮半島に対する戦略構築を行わなければいけません。 私から見れば南北朝鮮は一体であり、不可分であり、全く別の国のようで、実はこれ ほど似ている国はありません。当たり前です。同じ朝鮮民族だからです。遺伝子が一 緒ですので思考も似ています。

我が国の安定を考えれば、朝鮮半島の安定は不可欠であるのは、戦前も戦後も変 わりません。

参考になるのは中国の対応です。妥協は不要なのです。外交においてはアメリカも ロシアも決して弱者に妥協しません。朝鮮半島にとっては周辺国の中国、ロシア、日 本、アメリカは強者なのです。その周辺国を見渡して、一番組み易い相手はどの国で しょうか。素人でもわかります。我が国です。だから執拗に我が国に対して様々な外 交を仕掛けてきているのが現状です。

外交手法は不良社員対策にも活用可能です。私が考える外交上の前提と今後の 日本が取るべき方向性を下記に記したいと思います。


❶外交相手に忖度(そんたく:他人の心をおしはかること)してはならない

❷外交相手は犯罪者であるくらいの覚悟と認識を持つ

❸外交相手≒犯罪者は<自己評価が高く>、<プライドが高く>、<利己的> であることを認識する

❹相手に配慮、忖度は通じないので、外交上の条件破棄は宣戦布告や国交断 絶とみなすくらいの覚悟で臨む

❺日本人のみせる大人の態度は弱みにみられる

❻弱みを見せたら嵩にかかって潰しにくるのが日本以外の国の外交であること を知る

❼従ってこれからの時代は戦争放棄の宣言は地獄行きの切符であることを認識する

❽憲法は早期に改正し、国防軍の創設を宣言する

❾日本はスパイ天国であることを認識する

❿共謀罪に反対する勢力は外国政府・資本に篭絡されてしまった可能性が大で ある

⓫日本が自存自立で行くことに反対するのは誰かを明確に理解する

⓬周辺国は日本がいつまでも自国で意思決定のできない二流国であり、貢(み つぐ)君でいてほしい


国や組織が乱れる時には、決まってリーダーが不在です。

我国は今、私はあまり好きではないですが、歴代の首相の中では高いリーダーシッ プを発揮する安倍晋三首相が健在の状態であり、これは日本にとっては大きなメリッ トです。逆に言えばコロコロとリーダーが変わる状態は国益に反するということになり ます。過去の日本がそうでした。当面は米国に追従する方向を堅持していくでしょうが、 アメリカが自国優先の政策をとり続ける限り、近い将来日本は独自の道を模索し始め ることでしょう。その際にテーブルに乗ってくるのが、日本の国防です。ヤクザや詐欺 師がひしめき合っているこの東アジアで、安定した繁栄の維持のためには、早期に 「永世中立国」を宣言することです。

<アメリカは大慌て、ロシア・中国は大喜び、朝鮮半島は財布がなくなり大ショック >となるでしょう。私はそれを考えるだけでワクワクします。戦後72年、ようやく真の 独立のチャンスが巡ってくる、そんな明るい未来予測をしております。

今後の未来予測では、ニューヨークダウと日経平均が上がり、円高になるのではな いかと考えています。東京オリンピック後の不況を考えますと、もしかしたら最後の内 部留保のチャンスかもしれません。「神様が作ったものに投資しろ」と仰る方がいまし たが、調子に乗ってバブルの時のような惨状は避けていただきたいと思います。ビジ ネスの再構築のチャンス到来となるかもしれません。多くの経営者にとっては恵みの 雨となるでしょう。楽しみですね。

一方で、ネットの普及による知識の習得によって、社員統治の方法が大きく変わっ てきます。リスクマネジメントを優先させ、揺るぎのない未来型の会社統治をお考え の皆様には、有効な手法をお届けさせていただきます。是非ご相談ください。ブレイン をサプライします。

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE