第2回アメリカ旅行

query_builder 2014/10/22
時事問題編

2年ぶりに行ってきましたアメリカ旅行! 前回は男二人旅で、英語を使えない私は何かと不自由を感じましたのが、今回はカナダ留学経験のある長女を引き連れて の安心の旅となりました。 今回もメインはパワースポット巡り中心のスケジュールとなり、セドナ、モニュメント バレー、グランドキャニオン、ザイオン、ブライスキャニオン、アンテロープキャニオン、 ラスベガス(ここは買い物中心!)、サンフランシスコ etc・・・と、同行の木暮税理士の 弟さんがサンフランシスコ在住で旅行関係のお仕事をされていることに全面的に甘 え、全ての行程の手配をお願いし、10日間のアメリカ旅行を満喫してきました。 道 中8日間くらいは日の出、日の入りを経験、平均睡眠時間4時間、レンタカーの走行 距離2500km、中々きつ目の行程となりましたが、お陰様でさらにパワーアップして 帰ってまいりました。 出発前の2週間くらいは体調不良で、腹痛、腰痛、頭痛に酷い 肩こり、前日の蕁麻疹(じんましん)など満身創痍のスタートとなりましたが、アメリカ 到着後は日が経つにつれて回復していき、睡眠不足にもかかわらず、体調は全快し ました。 特にセドナの四大ボルテックス(写真①②:ベルロック、エアポートメサ、カ セドラルロック、ボイントンキャニオン)は圧巻で、ここから受ける気のエネルギーは最 高でした。 皆さん、是非セドナへ行って、エネルギーを吸収してください。価値観が 変わることを保証します!(ただし「ピンク・ジープ・ツアー)にはご注意を。胃の中を空 っぽにして乗車したので助かりましたが、ハードな岩場を2時間ぶっ通しで走ってくれ ました。食後ならゲロッていたと思います。写真④⑤) 不思議経験として、セドナからグランドキャニオンに移動の際、レンタカー運転中に 時速80km でブッシュに突っ込みかけました。 車はカーチェイスのように蛇行を繰り 返し、何とか停止することが出来ました。 運転中にこのような事態に陥ったのは初め ての体験です。 偶々(たまたま)前後に車がなく、事なきを得ました。 その後首から ぶら下げていた私のお守りのブラッドストーンという石を飾ったストラップが金属の部 分から外れて無くなっていることに気が付きました。 直観的に「私の身代わりになっ てくれた」と感じました。 このブラッドストーンは、その3週間前にも助けられており、お譲りいただいた方との 面談時に、「今日はお飲みになりますね。この石があなたに付いていきたいと伝えて きています。今日は岡さんに大変なことが起きるようです。」と言われ、何故その日の 夜に飲むことが分かったのか不思議でしたが、その石を胸ポケットに入れて講演を行 いました。 その後の懇親会の帰りの電車で、急に目の前が真っ白になり、意識が無 くなりかけたその時、石の存在を思い出し、手のひらにその石を握っていたところ、体 調が回復してきました。 (飲み会後の粗相は5~6年経験していません。) 私はエ ネルギーの受信体質のようで、そのような体験を数多くしていますが、このひと月で2 度も助けていただいたその石:ブラッドストーンには大感謝です。今回も必ず持っていくようにお譲り頂いた方からわざわざメールをいただいていましたのですが、本当に 驚きです。 今頃、パワースポットであるセドナの地でゆっくりとしていることでしょう。 有難いこ とです。 皆さんも年に1度とまではいかないまでも、数年に1度は肉体と魂の充電に 行かれては如何でしょうか。 日本だけでなく海外にも、「気」の充満したパワースポッ トが、まだまだ沢山あります。 私が過去体験させていただいた国内外のパワースポットに、次回は是非一緒に行 きませんか!

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE