ブラック企業82%って?・・・

query_builder 2014/02/22
時事問題編

厚生労働省は 2013 年 12 月 17 日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ ラック企業」に関する調査結果を公表しました。この調査は 2013 年 9 月から1か月間 にわたって行われたものです。そしてその対象となった 5111 事業所のうち、82%に 当たる 4189 の事業所で何らかの労働基準法違反が見つかりました。同省は違反が あった事業所に是正勧告を行った上で、改善が見られない企業については公表のう え、書類送検する方針です。 上記の労働基準法違反は、具体的には、①サービス残業、②名ばかり管理職、③賃 金不払い、④職場のパワーハラスメント etc・・・・、 過重労働による健康障害防止措 置の不備が挙げられたようです。 「調査結果は違法行為のオンパレードだった。・・・」 これがマスコミや行政の認識となってきています。 今回の調査によって、約82%の企業が労基法違反とし て挙げられていますが、その原因として挙げられる要因 は①20年来のデフレと②欧米と比べて厳しい解雇制限、 更には③毎年上昇する最低賃金があげられると思いま す。 一方で欧米では労働法制の遵守を厳しく求められ るため、軒並み失業率が 10%を超えている状態ですが、 我が国の 11 月の失業率は4.0%と前月比横ばいとなっ ています。 生活保護対象が 210 万世帯を超えてきてい る我が国の社会保障の実態を踏まえれば、これ以上失業者や生活保護対象者を増 やす訳にはいかず、結果的には欧米並みの厳しさを労働行政に求めることは現実的 ではありません。 日本ではまだ景気の足腰がしっかりしていない状態ですので、労 働行政には清濁併せのむことが必要な段階と認識していただきたいところです。国は 景気がよくなっているとの判断で、この時期に今回の調査を行ったのでしょうが、調査 実施のタイミングとしては早すぎたのではないでしょうか。 現時点で儲かっているの は大企業だけであり、これからやっとこさ中小企業の活性化が見られてくるのでは・・・ という段階で、残念な行政の勇み足であり、今後の景気の上昇にマイナスとならない かと危惧します。 本調査では82%が労基法違反をしているとの結果が出ましたが、上記①②③に示 した通り、デフレによって「失われた20年」とも言われるようにGDPはわずかな成長に 止まり、多くの企業は生き残りをかけてコストカットを余儀なくされ、そのしわ寄せが労 働者に向かい、人件費のカットが始まり、長時間労働と未払い残業等へと進んできた のです。 そこで日本の行政は失業率のアップではなく、雇用の維持の方にかじ取り を行い、厳しい解雇制限を企業に課しました。ここで止めてくれれば、何とか企業の活 性化も図れたものと思われたのですが、さらに追い打ちをかけるように、毎年のように 最低賃金を大幅にアップしてきました。 過去に何度もこの紙面で申し上げてきましたが、現在の我が国の賃金水準は昭和 57~8 年頃の水準(H9 年~現在までに 17%ダウン)となっています。その当時の最低 賃金は時給に換算すると東京都で約 400 円です。 ところが現在の東京都の最低 賃金は 869 円(昨年度 850 円)と昭和 57 年当時の 2 倍以上となっています。 労働 の質(Work と Job)によって、あるいはキャリアによって最低賃金を柔軟に変動させる ことが出来れば、企業も活性化すると思われます。 参考) アメリカ平均 784 円/フランス 1,343 円/イギリス 21 歳以上 1,079 円、18~20 歳 860 円、16~17 歳 636 円 / 2014 年度 今後企業は益々コンプライアンスを求められます。 知識社会といわれる現代は、 多くの労働者が既に知識や情報を獲得できる手段(PC、スマートフォン等)を有してお り、企業の不正行為を容赦なく指摘してきます。またそれを放置していると、いつ内部 告発によって企業の根底が覆されるかわからない世の中になってきました。昨年後 半に、多くのホテルや飲食業等が食品偽装で叩かれましたが、その大半は内部告発 のようです。 (この一連の事件は「誤表示」などと、RM(リスクマネジメント)の観点からは最 悪の対応で切り抜けようとした企業が多かったようですが、出征欲に取りつかれた愚 かな経営者の自己保身のための断末魔の叫びのように聞こえました。) 私は人間には「良心」 という 「神(内在神)」が備わっていると考えています。 悪い ことをするとその「良心(内在神)」がチクリと痛むのです。 従って不正行為・不法行 為の放置や強要は多くの社員の「良心」を痛めることに他なりません。 法令違反の 放置は企業の衰退を招き、その寿命は短くなります。決してやってはいけません。 また今回の厚生労働省の調査では、労働者からのタレコミ(通報)が約 2500 件もあっ たようです。 人の感じ方は百人百様です。厳しい環境でも感謝して働く人もいれば、 楽な環境でも文句ばかり言って働かない人もいます。だから我が社は大丈夫だろうと 油断していると寝首を掻かれかねません。

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE