景気回復への処方箋と企業年金のリストラ

query_builder 2009/02/06
時事問題編

 JAL の再建が話題になって久しく、企業年金問題がクローズアップされてきていますが、そもそもここに くるまで4.5%もの高金利を維持してきたことも驚きです。 日本最高水準の給与をもらってきた世代の方々がどのような模範を示してくれるか、JALOBの愛社精神 が試されますね。 また、JAL がマスコミによる報道で、スケープゴートのように扱われていることについて は腹立たしくて仕方がありません。 そもそも国営から民営化された際に、多く膿を抱えたままの船出を強 要され、天下り、空港行政の不備、米国からの高コストでの航空機購入等を強いられ、おまけに労組が8つ もある状態で、まるで重病患者の状態でのスタートでした。 これらの問題がここにきて顕在化してきただけ の話です。

 一方経営破たん状態にある、多くの自治体は放置されたままで、同地域の民間企業よりもはるかに多く の俸給を貰い、退職後の恩給は信じられないくらい高水準であるにもかかわらず、基準をJAL並みに引き 下げられるという話は一部を除いて聞こえてきません。 この国はどうなっていくのだろうかと、日々不安に なります。有識者の意見を新聞、テレビ、インターネット等で耳にしますが、現象や結果としてのデフレスパ イラルの解説ばかりで、国内に犯人探しをしており、本質の問題に触れることを恐れているようです。  原因は、我が国の国益が他国に行っているからに他なりません。水は高いところから低い所に流れるよ うに、相対的に海外の技術レベルが、日本国内のレベルと変わらなくなってきており、人件費の安い海外に 出て行っているだけのことです。


 過去アジアで優良なものづくりのできる国は日本だけでした。それが今日では韓国、台湾に始まり、中国、 インド、ベトナム、インドネシア等の技術レベルが上がり、人件費の安い所へと製造業が拠点を移転してい くようになり、結果として国内では単純作業が海外に移転していることが問題の本質と考えます。 「世界が等しく豊かになるためであれば、我が国は名誉ある二流国になってもかまわない」と国民が考える ならば仕方がありませんが、そのようなことはおそらく国民のほとんどが望んでいないでしょう。

 今我が国が早急にしなければならないことは、時給1000円でもなく、子供手当の支給でもなく、労働時 間の短縮でもありません。日本よりもはるかに多く、しかも安く働く国々に対抗するためには、高水準の技術 レベルを維持していくと同時に、暫定的に長く働ける環境(期間と時間)を法律面で整備したうえで、1週46 時間、時間外50時間程度までは働けるルールを整備することと、時給単価の引き下げです。

 最低賃金は現行の物価水準であれば600円にしたほうが雇用の創出が図れると思います。物価水準世 界一のわが国で、他国と技術レベルに差がなくなってきている現状を政治家は直視するべきであり、国民 の生活を守るために当面やむを得ない策として、国民に訴え、理解を求めるべきです。 愛国心を育むことを怠ってきた我が国では非常に困難な政策ですが、老人大国となって、労働力水準が低 下し、相対的競争力が低下する前に手を打ってほしいものです。  

 先般、昭和36年放送のニュース番組(20世紀の映像?)を見る機会があり、企業の採用担当者が地方 の高校を巡回し、「初任給が○○万円、5年後の年収が○○万円、定年後の退職金が○○万円・・・・(ただ しその当時、定年退職者を実際に実績として輩出していた会社は少数でしたが・・・・)」と大きな声で呼びか けていました。 学生は希望に目を輝かせて聞き入っていました。

 当時はアジアの中でも唯一の工業国で、人口も大幅に増加、テレビ、洗濯機等が普及しつつあり、劇的 に生活水準が向上し、国民に夢も希望もありました。また、労働者に求められる業務も単純作業が多かっ たように思います。ところが時代は様変わりし、現代のわが国では当時のルールがそのまま適用できる状 態ではありません。 平成24 年3 月末までに、税制適格年金の制度がなくなります。

 企業経営者は、余力がある間に、退職金制度、企業年金制度のリストラクチャリング(再構築)を行ってく ださい。 もはや現代は、公務員がよくいうように「退職金は賃金の後払い」ではありません。 労働組合が 強く、自己の権利を確保したい公務員の戯言(ざれごと)を自社にあてはめると、会社は潰れてしまいます。 倒産してからでは手遅れです。 そうなる前になんとか手を打ってください。そして会社の健康状態を回復 させ、大切な社員の雇用と生活を守ってあげてください。 ほんの少しの勇気をもって、この困難な問題に 立ち向かってください。


(2009年12月/2012年5月改定)

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE