臥薪嘗胆

query_builder 2011/11/22
歴史編

12 月 23 日に久しぶりに大型戦記映画 「連合艦隊司令長官 山本五十六」 が封 切られます。 私は幼少のころから母の影響を受けており、学校で学ぶ近代史、即ち アメリカから見た近代史観に疑問を持っておりました。 母は昭和 11 年生まれで、9 歳の時、疎開先の奈良県奈良市富雄で、お使い途中にグラマンに機銃掃射され、全 速で逃げ回り、たまたま大きな木の幹に隠れて九死に一生を得ました。 木の幹には 12.7 ミリの弾痕が数個あったそうです。 搭乗員が本気で打ち込んできたことが分か ったそうです。 戦争は人間を狂気にしますが、悲しい現実でした。 その話を何度も 聞かされておりましたので、昭和 38 年生まれの私も、何故日本は戦争をしなければ ならなかったのかということに自然と興味を持ち、今や近代史(幕末~明治~大正~ 昭和~戦後)の書物は数千冊読破しました。 その影響で自分なりの戦争観、国家観 をもっています。 天皇誕生日の日に封切られるこの映画に、現在の閉塞感から抜け 出せない日本の現状が重なるような気がします。 製作者はもう一度歴史から学ぶこ とを祈念してこの目出度き日を選んで封切するのでしょう。 是非とも、若い世代をは じめ多くの方に見てほしいと思います。


 当時の日本は欧米列強の目の上のタンコブでした。 当時アジア・アフリカの独立 国は 5 か国でしたが、エチオピアはイタリアの支配下、中国は半植民地化されており チベットとタイを除き、欧米とまともに対峙できる国は日本しかなかったという状況で した。 明治以降台頭する日本は、四面楚歌の状況の中、アジア人蔑視の中、押し付 けられた不平等な条約を都度悔しさを噛みしめながら「臥薪嘗胆」を合言葉に克服し てきました。 この「臥薪嘗胆」を叫んだ背景・不平等条約は下記のとおりです。

①日米和親条約

②日米修好通商条約

③三国干渉 (日清戦争ので得た遼東半島の租借権の放棄:日露戦争の一因) ④パリ講和会議 (日本全権提案の人種平等原則提案の却下)

⑤ワシントン条約 (ワシントン会議 1922 年:日英同盟廃止、主力艦の保有制限)

⑥排日移民法 (ジョンソン・リード法 1924 年:米国へのアジア人移民制限)

⑦ロンドン条約 (ロンドン海軍軍縮会議 1930 年補助艦の保有制限)


 第一次世界大戦後のドイツの台頭に譲歩し続けてイギリスは第二次世界大戦に巻 き込まれましたが、日本はアメリカに譲歩し続けて大東亜戦争に巻き込まれました。 (アメリカは 1924 年当時に既にオレンジ計画を発動し対日戦争の計画を立案) 今日本は東アジア諸国・アメリカに対して譲歩し続けていますが、歴史から学んで、 何とか戦争に巻き込まれないようにしてほしいものです。 第一次世界大戦が終わっ て、どの国も二度と戦争はゴメンだという思いでは共通していましたが僅か 21 年で第 二次世界大戦に突入しました。


 覇権主義で無理難題を押し付けてくる大国に対しては叡智を結集して外交で乗り越 えなければなりません。 国会議員・特に政府の皆さんには「経済の延長線上に常に 戦争がある」ということを肝に銘じて、譲歩一辺倒でなく、譲歩の条件として相手の最 も嫌がる一手を引出し、一方的な負けにつながる愚かな判断をしないでいただきた いと思います。

NEW

  • 負け戦の要因と虚偽報告‼

    query_builder 2021/07/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉗

    query_builder 2021/10/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉖

    query_builder 2021/09/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉕

    query_builder 2021/08/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉔

    query_builder 2021/06/16

CATEGORY

ARCHIVE