慰安婦問題に終止符を!

query_builder 2014/05/10
歴史編

 オバマ大統領が国賓で4/23~25に来日し、その後韓国に向かいました。 韓国での彼の発言の中に「慰安婦は人権侵害」との発言がありました。


 歴史の中でやってはいけないことは現在の価値観で過去を裁くことです。 米国では奴隷制度がありました。欧米ではキリスト教の影響下で魔女狩りがありました。 第2次世界大戦終了時点でのアジア・アフリカ国で独立している国は5か国(エチオピア・チベット・タイ・中華民国・日本)でした。何と世界の8割が欧米の植民地であったのです。これらは今の価値観や歴史感ではおかしいということになります。 繰り返しますが現在の価値観で過去を評価することは意味がないのです。 このことを理解できない隣国の国々によって日本は貶められているのです。 これは(経済)戦争であり、日本の信用を貶めることで自国を優位に持っていこうとする卑怯な行為であることを
認識する必要があります。


 我が国の政治家は、近代史をもう一度一から学ぶことです。 私が日教組を中心とした戦後史観から脱却できたのは、自ら資料を集め、多くのご老人から直接過去の日本の実態をヒアリングさせていただき、出張や旅行で出かけたときは、可能な限り地元の博物館や歴史資料館、郷土博物館、図書館などを訪問し、自分のその土地に対する先入観と現実の実態との乖離を一つずつ改めていったからです。 隣国の慰安婦問題の根拠はありません。勝手に数字を捏造しているのです。


 特に許しがたいのは、20万人の少女を拉致し、性奴隷にしたと政府が公式に発信していることです。


併合当時の朝鮮の外交官 李成玉さんの言葉
朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」より
「現在の朝鮮民族の力量を持ってすれば、とても独立国家としての体面を保つことはできない。
亡国は必至であり亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかいない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが日本人は違う。日本人は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして日本は朝鮮を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外にわが朝鮮民族が豚の境遇を脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」


 一部の支配層の両班以外の97%の庶民は、農奴・奴隷階級で「ブタ」の境遇だった李氏朝鮮。これが、公文書で残っている資料を基にして調べた結果です。 私が高校生の頃に教えられた創氏改名も隣国から言われているように強制ではありませんでした。 日本の戸籍法によると配偶者は夫(妻)の姓を名乗ることになりますが、中華の国では配偶者はあくまで一族ではなく別姓でした。我が国でも人権派の方が夫婦別姓を申し立てているようですが、価値観が日本人とは違う気がします。 そして多大な投資(国家予算の1~2割)を支出して貧しい国である朝鮮を日本国の一員として同化政策の基に併合したのです。 上記にあるように、朝鮮には日本に併合され、日本人として生きていくことしか、当時の欧米列強の支配から逃れる術はなかったのです。


 私は以前に、元慰安婦という方から、一度だけお話を伺う機会がありました。 家が貧しくて奉公に出たが、戦時中は危険地帯ではよく稼げたので、積極的に戦地に行く人も多かったようです。またお国のために戦う兵隊さんのために少しでもお役にたちたいとの気持ちが強かったとおっしゃっていました。多くの慰安婦の方が兵士と結婚さ
れたようです。 その後慰安婦のことを調べました。


 当時の朝鮮半島の人口は約2500万人(現在の日本の人口の1/5)です。16~25歳までの女性の人口は100~150万人位と推計されますが、その内20万人が日本軍によって拉致され、性奴隷にされたとの主張をしてきています。 当時朝鮮半島は日本国内であり、治安は本土ほどではないにせよ適正に維持されていました。李
氏朝鮮の頃には10校もなかった学校が、3000校ほどに増え、下記表③に記載の朴正煕青年(陸軍士官 高木中尉 後の韓国大統領:現朴槿惠大統領の父)のように、貧しくて親に働くように言われ、学校に行けない優秀な子どもに教育を与えたのも当時の日本でした。そのような国の中で、5人~7人に1人の女性が無理やり軍に連れて行かれて、奴隷にされたなどということがあり得るのでしょうか。さらに下記の表④をご覧いただきたいのですが、そのような拉致や奴隷狩りのようなことが起こっていると主張している朝鮮半島において、80万人の若者が、倍率45倍を超える軍隊への志願行い、18000人弱が軍人になりました。 身の回りで5~7人に1人の割合で同年代の異性が拉致され、奴隷にされている地域でこのようなことが有り得るのでしょうか。


 さらに下記の統計データ①ですが、日本軍人のアジア各地における終戦時日本軍の兵数の一覧です。


<アジア各地における終戦時日本軍の兵数>①


(注)旧厚生省援護局調べ。1945 年 8 月 15 日時点の兵数
(資料)東京新聞 2010.8.8 大図解シリーズ「終戦の日を考える」


靖国神社で祀られている大東亜戦争犠牲者数 2,133,915 人であり、上記の終戦時の陸海軍軍人数を合算すると 3,345,100+2,133,915 人=5,479,015 人です。 戦死者の代わりに徴兵されるという実態から推計すると、常時戦地・外地にいた軍人は 300~400 万人弱ということになります。


下記の中国人の研究者の推算②は極端としても慰安婦の総数は 10 万人~20 万人位でしょう。その中でも過半数を占めたのは日本人慰安婦です。 私がヒアリングしたように、「お国のために戦地に行く兵隊さん達のお役に立ちたい」といって戦地に赴いた日本女性が数多くいたようです。


従って、隣国が主張する 10 代から 20 代の女性 20 万人が性奴隷にされたとの数字は既に論理破綻しています。


研究者たちの推算 ②


③              ④

 


(朴正煕小学校訓導(後韓国大統領)は年齢により採用条件不適合者であったが血書による志願書などを三度に渡り提出するなどして満州国士官学校に入校した。満洲新聞 1933 年 3 月 31 日付)
彼らの目的は自国の繁栄であり、国民の不満のガス抜きです。 我が国の国力の低下とともに牙を剥いてきたという考えが最も正鵠を得ているのではないでしょうか。
彼らの無理難題を一々聞く必要が無いことはもちろんですが、政府が公式見解として正しい情報発信することも求められます。 また、国力回復のためにも、もう一度国民が一丸体制を取って、経済大国となるよう、政治家と官僚、財界のリーダーたちが、本気になって国家の舵取りを行っていくことが求められます。 それが実現すれば、彼らは黙ります。 外交は友好ではなく、パワーゲームです。
(ただし、民間は政治とは別の世界で友好関係・信頼関係が築けます。 是非海外の伸び盛りの国との関係を強化していきましょう。)

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE