日本人は何故世界から尊敬され続けるのか

query_builder 2011/07/10
歴史編

 上記は最近読んだ台湾人作家の黄文雄の本(徳間書店)のタイトルです。 読後非常にさわやかで元気になった自分を発見しました。 19 世紀のアジア・アフリカで独立を維持したわずかな国を、「日本は強すぎた」「中国は広すぎた」「タイは狡(ずる)すぎた」「エチオピアとチベットは高すぎた(標高が 3000m 超)」と表現しています。
 明治維新前後の日本は強すぎたのです。 下関の長州と四か国艦隊との馬関戦争や薩英戦争はともに外国側の方が人的損害が大きく、歴史的な解釈は別として欧米人の認識としては「日本人は侮れない」でした。


『私がどうしても滅びてほしくない一つの民族がある。それは日本人だ』 : 元駐日フランス大使 ポール・クローデル
『婦人淫(いん)せず、妬忌(とき)せず、盗窃(とうせつ)せず、諍訟(そうしょう)せず』 : 魏志倭人伝
『世界中で日本ほど、婦人が危険にも不作法な目にも遭わず、全く安全に旅行できる国はない』 : 英国女流旅行作家 イザベラ・バード
ルーズベルト大統領の死に際して、『ドイツでは、みな万歳万歳と叫んでいるのに、日本の首相は敵の大統領の死を悼む弔電を送ってきた。やはり日本はサムライの国だ。』 : 米国亡命中のドイツ人作家 トーマス・マン
『この国民は必要にして有益な場合、その器用さと発明心を発揮する。 そして勤勉さにおいて、日本人は大半の民族の群を抜いている。』 : オランダ商館付医師 カール・ツェンベリー
『日本人たちは好奇心が強く、知識欲が旺盛で、質問には限りがありません。』 フランシスコ・ザビエル

NEW

  • 負け戦の要因と虚偽報告‼

    query_builder 2021/07/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉗

    query_builder 2021/10/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉖

    query_builder 2021/09/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉕

    query_builder 2021/08/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉔

    query_builder 2021/06/16

CATEGORY

ARCHIVE