大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉙

query_builder 2021/12/10
歴史編

第29回は、菅野直(かんの なおし、1921年(大正10年)10月13日 – 1945年(昭和20年8月1日)日本の海軍軍人。海兵70期。大東亜戦争における撃墜王。戦死認定による二階級特進で最終階級は海軍中佐です。そして「指揮官先頭)を最後まで貫いた、私の尊敬するリーダーの一人で、型破りな人情家の人物です。 

菅野直大尉(写真①~③)は日本海軍のエースパイロットの一人です。大東亜戦争では戦闘機の零戦、紫電改に搭乗し、敵機撃墜72機(個人撃墜48機)という海軍兵学校出身の指揮官では、最高の戦果を挙げた「撃墜王」でした。 菅野大尉は、敵機上方から猛スピードで急降下、敵の機銃をものともせず至近距離まで接近して攻撃し、敵機主翼の前をそのまま猛スピードですり抜けるという、捨て身の戦法で、米大型爆撃機B29やB24と戦い続けました。菅野大尉が乗る紫電改(写真④)には黄色のストライプ模様があり、米軍パイロット達の間では「「イエローファイター」と怖れられていたようです。

大正10年(1921)、警察署長として平壌にほど近い竜口に赴任した菅野浪治の次男として生まれた菅野直大尉。少年の頃はとにかく激昂しやすい性分のガキ大将だったようで、兄が喧嘩に負けて帰宅するとその仇討ちに出かけたり、猛犬と格闘してナイフで突き殺したり、破天荒な逸話が残っています。

一方で、学業成績は優秀、石川啄木に傾倒して短歌を詠んだりする文学青年でした。しかし、当時の貧しい家庭の常で、兄に大学進学を薦め、自身は学費免除の海軍兵学校に入学しました。飛行学生時代も、その破天荒な性格は変わらず、模擬戦で教官の機体と接触寸前の接近を繰り返すなどして着陸時に5機も練習機を破壊。「菅野デストロイヤー」という渾名をつけられています。  

彼の面白いところは、指揮官に任命されてからも、破天荒なエピソードには事欠かないところです。

 Ⅰ)機械油で揚げた天ぷらを食べて腹を壊したり!        

 Ⅱ)気に入らない上官をプロペラの風圧でテントごと吹き飛ばしたり!        

 Ⅲ)足を被弾して、軍医にうめき声をたしなめられ、麻酔なしで手術を受けたり!

 Ⅳ)不時着した島(ルバング島:戦後29年小野田少尉発見の島)の原住民に「俺は日本のプリンスだ」

   と豪語して島民の尊敬を集め、王様のようにふるまったり!

 Ⅴ)料亭で騒いで注意され、少将、佐官のいる部屋に乗り込んでテーブルを蹴り飛ばしたり!

 etc