怒りの感情をコントロールしよう!

query_builder 2017/05/20
人事労務編

最近、お客様との面談の際に、怒りの感情との向き合い方が分からない方が多いことに気づきます。怒りのエネルギーは通常の感情の発するエネルギーの3~5倍、多い人で10~20倍のパワーを持ちます。「怒りは細胞を酸化で焼く」と表現する人もいます。


このエネルギーが肉体に作用しないはずがありません。私の経験では、このエネルギーが病気の原因にもなり、人間関係にも影響し、仕事面でもマイナスに作用するような気がします。では、どうしても自分に「怒り」が湧いて来る時には、どうすれば良いのでしょうか?


怒りの感情はイライラして 体が熱を帯び、脳波が乱れ、 ガンマ波やベータ波を発す ることになります。この脳波 の状態になると、もういけま せん。閃きや発想等の受信 状態から縁遠い状態となりま す。損得で考えても、怒りは 自分で自分自身の細胞を焼 いて病気に至る訳で、損なこ とです。

また、仏教の世界では、怒りに対して怒りで返すと輪廻を繰り返すそうです。私の 好きなドラマ<半沢直樹>でも、「やられたらやり返す、倍返しだ!」を繰り返して、最 後は子会社に出向させられてしまいました(原作の続きではリベンジがあったようで すが...)。


また、江戸時代では仇討ちが認められていましたが、怒りの輪廻を繰り返すだけだ という理由もあり、禁止されてしまいました。


「怒りを開放することで輪廻を終え、大往生をしたい」これは過去から、多くの先人 たちが取り組んできたテーマのようです。しかしそう簡単にはいきません。多くの人は、 余計に自分の怒りの収め方が分からずに、消化できない怒りを自分に溜め込んで苦 しむようです。


人が年を取るにしたがって丸くなるのは、この怒りの感情と向かい合い、これを消 化してきたからなのでしょう。裁判、労働問題、交通事故、火災事故、傷害事故、殺人 事件、傷害事件、離婚問題、戦争や紛争など、偶発的なものを除いて、世の中で人と 人とが揉める問題の多くが、この「怒り」の感情との向かい合う方法を誤った場合に発 生しているような気がします。 逆に言うと幸せな人生を送ろうと思えば、「怒り」を消 化することが重要であり、金運、幸運、健康運、恋愛運、仕事運、くじ運、勝負運、結 婚運など、『運』と呼ばれるものの多くは、怒りの感情を手放すこと、怒りを消化するこ とで得られるもののように思います。


私は以前、瞬間湯沸かし器といわれるくらい、感情の起伏が激しい気性をしていま した。最近は怒りの感情を多少はコントロールできるようになってきましたが、まだま だ修行が足りません。一瞬にして怒りが頂点に達しますが、幸運なことにその怒りが 長時間持続することはありません。余程のことが無い限り、翌日には怒りから解放さ れるようになりました。お陰様で、会社員時代に抱えていた怒りの感情を手放した時 から、幸運が巡ってきていると実感しています。仕事量は3倍以上に増え、休む間も なく働いていますが、充実した毎日を送ることが出来ています。


有難い事です。皆さんも怒りの感情を手放しませんか。感情の起伏が激しい人ほど、 心の平穏を日々実感できるようになると思います。社員向けの各種研修の中で、この 怒りの感情のコントロールの仕方を教えることが多くなりました。研修のお申込みやカ ウンセリングの必要な方は、是非申し出ていただきたいと思います。

NEW

  • 負け戦の要因と虚偽報告‼

    query_builder 2021/07/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉗

    query_builder 2021/10/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉖

    query_builder 2021/09/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉕

    query_builder 2021/08/23
  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉔

    query_builder 2021/06/16

CATEGORY

ARCHIVE