労務監査の重要性

query_builder 2014/02/20
人事労務編

我が社では今年6月で創業5周年 を迎えますが、5 年後の 10 周年に 向かって、全社員が取組むべき課 題として独自開発の『労務監査』を ご用意させていただきました。 今 後随時、多数の業種に対応できる よう改良していき、全てのお客様 に対応できるようにしていきます。 この『労務監査』によって、お客様 に未来型の人事労務戦略を展開 していただく過程において、自社の 強みと弱みを明確に知っていただき、トラブルの芽は発生前に摘んでいただけるよう、 予防に徹していただけるようになります。 また多くの企業が入り口のセキュリティー が弱く、不良社員の侵入を許し、結果的に労務上のトラブルに巻き込まれていますの で、いわゆるブラック社員が侵入できない仕組み作りを構築していけるよう、企業運 営を側面からサポートしていきます。 要はウィルスを発病させなければ、どのような 社員さんが入社されようと構わないのです。

社内のトラブルはバランスを失ったエネルギーが形になって表れた結果です。 そ してそのバランスを失ったエネルギーは人を通して「怒り」の感情となって表れてきま す。 “目には目で(を)、歯には歯で(を)(タリオの法)”は有名なハムラビ法典の 196 ~197 条の条文ですが、「怒り」の感情に「怒り」の感情で応えてしまうと、結果的には 火に油を注ぐことになり、最悪の場合社内は内部崩壊してしまいます。 「怒り」の感 情の裏側には「悲しみ」の感情が隠れています。 トラブルが発生したときは、心に余 裕をもって、「成る程、そう来たか!」といったスタンスで受けていただき、相手の「悲 しみ」の感情に向かって話しかけるようにしてみてください。 この「悲しみ」が癒される と「怒り」は収まり、恐らく違った結果になってくるものと思われます。 さらに究極は相 手の「良心(内在神)」に働きかけるのです。 上手く「良心(内在神)」に伝わればきっ とトラブルは解決していくでしょう。「社員は社長の夢の実現のために働いてくださる 有難い存在・・・。」 経営者の皆さんが心からそう感じていただけるような会社になっ ていただくことが当社のミッションです。

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE