悪口を言うと不幸になる!?

query_builder 2021/05/20
自己啓発編

なぜ悪口が好きな人が「不幸になる」のか? なぜ人は、悪口、誹謗 中傷が好きなのでしょうか?明らかに相手に精神的なダメージを与える 行為なのに、どうしてやめられないのでしょうか?

(樺沢紫苑:精神科医、作家 より)


◆「悪口を言う人」の心理

人間はついつい他人と自分を比較してしまう生き物です(米心理学者:レオン・フェスティンガー)。 特 に日本人の場合、集団での和を乱さないため、つい他人の顔色を窺ったり、他人の行動や言葉に目を光ら せ、自分と比べるなどの傾向が強いと言えます。 新型コロナウイルスの流行に伴ってあらわれた「自粛警察」 と呼ばれる人たちも、自分は自粛のルールを守っているのに、それを守ろうとしない奴がいるという「怒り」が行 動の元になっています。つまり、「他人と比較してしまう心理」が原因にあるわけです。

人間は、他人と自分を比べたときに自分が優れていると「優越感」を抱きます。その逆に、自分が劣ってい ると感じたときに「劣等感」を抱きます。劣等感は強烈なネガティブ感情なので、それを何とか払拭したいとい う衝動にかられます。それを、悪口や誹謗中傷という形で発露したくなるようです。悪口や誹謗中傷を言うこ とで、相手を貶めることができます。自分対相手との比較において、相手を引きずり下ろすことによって、自分 の価値を相対的に高めることができる。それによって、内なる劣等感を緩和しようという心理が働いてしまうの です。


最近「自己肯定感」という言葉をよく耳にしますが、自己肯定感が低い人ほど自分に自信が持てません。 そういう人は、自分対相手との比較において、自分が劣っていると感じやすい傾向があります。だから、実は 自己肯定感の低い人ほど悪口を言う傾向にあるのです。自己肯定感が高い人は、自分の考えや行動に 自信を持てます。他人にとやかく言われても、その考えや行動はゆらぎません。相手と自分をいちいち比較す ることもなければ、悪口を言うこともないのです。

ここまで理解できると、もし自分の周りに悪口好きな人がいたとしても、「自己肯定感が低い、とっても残 念な人」なんだなと上手に聞き流すことができると思います。私の場合は、「あの人は生まれ変わりの数が少 ないから・・・。」として割り切り、自分がストレスを抱えること無く、流すようにしています。


◆悪口は「依存症」である

一方で、悪口が好きな人はなぜそれをやめられないのか。それは「悪口は依存症である」と考えると、非 常に腑に落ちるようです。誰かの悪口を言うと、やる気や快楽に関与するホルモン「ドーパミン」が放出される そうです。ドーパミンが出ると楽しい気分になります。だから、悪口を言うことは基本的に楽しいことなのです。 怖いですね。昔から、人の不幸は蜜の味といわれていますね。(私はそうは思いませんが!)

しかし、ドーパミンは欲張りな脳内物質でもあり、一度放出されると「より大きな刺激」を求めるようになりま す。つまり、悪口の回数を増やしたり、より過激な悪口を言わないと、新たにドーパミンが出ず、楽しい気分に なれなくなってしまうのです。結果、悪口を言うことが癖になって、なかなかそれを改善しづらい状態に陥りま す。悪口を言えば言うほど深みにはまってしまう。これはアルコール依存症や、薬物依存症と同じ原理です。


かくして「悪口は依存症」と言っても、遜色ないのです。


多くの人は、悪口は「ストレス発散になる」と思っているでしょうが、実際は逆です。悪口はストレスを増やし ます。最悪の場合、脳を傷つけ、寿命を縮める危険性もあるようです。東フィンランド大学の研究によると、 世間や他人に対する皮肉・批判度の高い人は認知症のリスクが3倍、死亡率が1.4倍も高い結果 となったそうです。批判的な傾向が高ければ高いほど、死亡率は高まる傾向にあったそうです。また、悪口を 言うと、ストレスホルモンである「コルチゾール」が分泌されます。コルチゾールというのは、ストレスを感じたとき に放出されるホルモンです。上記でドーパミンが放出されると申し上げたので、快楽を得ていると思いきや、 悪口を言っているときは同時にストレスも感じているのです。表面上の快楽を求めようとして、悪口を言うと、 実は裏では心を傷つけていたのですね。


心理学の法則で「返報性の法則」というものがあります。人は誰かに親切にされたとき、「その親切をお返 ししないといけない」という気持ちが湧き上がる心理です。例として、試食すると買わなければいけないという 心理です。 「好意の返報性」を上手に使うと、自身の信頼度を高め、人間関係を深めることが可能です。 しかし、残念なことに世の中の多くの人は、「悪意の返報性」を使っています。ネガティブな感情に対して は、人はネガティブな感情を返したくなるものです。ドラマ半沢直樹の「倍返しだ!」とやり返してしまうのが、 正に「悪意の返報性」。そして人に悪口を言うと、やはり「悪意の返報性」で悪いものが帰ってくるのです。 「本人がいないから悪口を言っても大丈夫!」と思っていても、この人は「よく悪口を言う人」と周りにネガティ ブな印象を植え付けてしまいます。いつ自分に矛先が向かうかわからないので、周りの人たちは悪口を言う 人を心から信頼せず、離れていくでしょう。


◆悪口から卒業する唯一の方法

健康を害し、信頼を失う悪口をやめるにはどうしたらいいでしょうか。一 番の近道は「自分を褒める」ことだそうです。悪口を言う人は、自己肯定 感が低い人。つまり、自己肯定感が高まれば、悪口は自然と減っていくよ うです。


気に入らない相手を貶めるのではなく、自分を高めることによって、相手と自分のギャップを埋めればいいの です。自分のステージが上がると、同じ位置で相手とぶつかることが無くなります。気づくと、下のステージで揉 めているなといった感覚を得ることができるようになります。

成功を独り言でいいので、褒めてみます。褒めるのが無理なら、ネガティブ感情をポジティブ感情に置き換 える方法でも良いでしょう。例えば、同期入社のA君が自分より先に昇進した場合。「大した能力もないの に、先に昇進しやがって!」(ネガティブ)と言いたいところを、マイナスをプラスに置き換えて、「俺も頑張っ て、すぐに追いつくぞ」(ポジティブ)と言い換えたりします。

自分の中でポジティブな言動を積み上げることで、自己肯定感が高まり、怒りや嫉妬、不充足感が満たさ れ、ネガティブな感情を抑えることができます。結果、悪口や誹謗中傷から卒業できるわけです。


先ずは、自分の思考パターンに気づくことから始めましょう!自己のマイナスのパターンに気づくと、そこで「い かん、いかん!」となって思考の転換が図れます。これを繰り返していくと、徐々に心に余裕が出来てきて、 爽快感を感じるようになります。これを味わうと、ネガティブ感情から脱却できます。もし皆様の組織で、悪口 が蔓延しているとお感じになられたら、早めに抜本的な手を打たれることをお勧めします。


当社では産業カウンセラーによるカウンセリングを積極的にご提案しています。

社員の皆さんの無意識のマイナスを吐き出していただき、建設的な方向に導くことで社員の皆さんに元気に なっていただけると思います。

ご遠慮なく、ご相談ください。ブレインをサプライします!

NEW

  • 大東亜戦争から学ぶリーダーシップ㉝

    query_builder 2022/06/10
  • そこに愛は在るんか?❷

    query_builder 2022/06/10
  • 国民の幸福な老後の実現とは!?

    query_builder 2022/05/10
  • プーチン政権の衰退からみる、我が国の在り方とは?!

    query_builder 2022/05/10
  • ”パワーハラスメント”外部相談窓口の設置はお済ですか?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE